ねむたい人のブログ

たぶんDTMや音楽系多めで行きたい

SONARユーザーがCubase 10をインストールした

都度都度追記していく予定。

クロスグレード安かったので。
SONARもいつ消えるかわからんし、そろそろ本格的に乗り換えておくべきかと思い。
申請方法は以下のブログがわかりやすい。
meimoukinase.blog.fc2.com

fantomのインストゥルメント定義ファイルを設定する

とりあえずこれやらないと個人的には話が進まない。

cubase用のインストゥルメント定義ファイルは以下にある。(これはfantom-x6なので、その他の人はいい感じに探して)
https://www.roland.com/us/products/fantom-x6/downloads/
のページ内をcubaseで検索すると
Fantom-X Cubase Patch Script (PC)
というのがあるので、それ(MACの人はMAC
(xmlファイルだけど違いあんのか?)

zipの中にあるpdfに沿ってやれば、普通にできるんだが日本語版cubase 10には罠がある。
Devices -> MIDI Device Manager ってどこだよ!? どうやら
スタジオ -> その他のオプション -> MIDIデバイスマネージャー
の模様。
こんなの絶対たどり着けないでしょ。
ありがとうYahoo知恵袋

あとは設定の読み込みでさっきDLして解凍したxmlファイル指定してあげれば終わり。
おま環かもしれないが、すでにFANTOM-Xが表示されている状況の場合、競合して出力にmissedなんたらみたいのが表示されて音出ないので、その場合、MIDIバイスマネージャーの出力をFANTOM-XにしてあげればOK

studio one? 知らない子ですね kasero.hatenablog.com

関連

kasero.hatenablog.com

いい感じにドラムを打ち込む

ドラムマップを選択するところに「インストゥルメントからドラムマップを作成」というのがあってコイツが有能。

レーンが重なると勝手にミュートされる

お前の制作ルーチンが間違っていると言われればそうなんだが、これすげー不便。
OFFにする方法を教えてほしい。

繰り返し貼り付け

ctrl + k

モニタリングしようとするとすでに録音してあるものが聞こえない

そういう仕様らしい。
【Cubase】宅録が超捗るモニタリングボタンの設定 - issound ページ!
これはこれでめんどくさいので、cubase側で抜本的な解決をしてもらいたいところ。

キーボードショートカット設定が反応しない

検索を全角でやると、割り当ても全角のまんまなので手動で半角に戻さないと反応しない。
いや、そこは自動で半角にしてくれよ。

Windows10 FCU (Fall Creators Update)がお前のDTM環境をぶち壊す

いろいろ忙しくて最近DTMやってなかったんですが、いい加減Studio One3インストールしようと思い立ちました。
で、入れたんですがBFD3が動かない。
ほかの環境だと動くのにStudio One3だと延々とauthorizeしろ、って出てくる。
してあるんですけど...

まぁあまりにも久しぶりなので、ソフトが古いのだろうと思いBFD3をアップデート。
そしたら、stand-aloneでも同じ現象が発生。 まじかい。

色々調べた結果、Windows10 FCUのバグっぽいです。
attention - win 10 fall update breaks licences - www.steinberg.net
ライセンスをすべてぶち壊すとか強すぎでは。

Fxpansion系の解決方法

  1. License ManagerからDe-authorizeする。
  2. License Managerを再起動して、authorizeする。

以上。

注意点

License Managerはソフトのインストーラにくっついてくるっぽいので、BFD2とかをアップグレードするとLicense Managerのバージョンが下がる。
低いバージョンだとDe-authorizeできないので、authorize回数がカウントされてしまう(De-authorizeで回数返還できてるのか知らんが)

SONARユーザーがStudio Oneを使ってちょっと困った点

Studio One 2 が出た時に買って、ちょっと触って「SONARのほうがいいな」ってなったものの、昨今の事情でもう一回入れなおした。
それで、触っててちょっと困った点。
Studio One 2だから3では大丈夫なところあるかも?

ショートカットキーを間違える

完全に慣れの問題だけど、録音するときにどうしてもrを押してしまう。
この辺は設定で変えられるので、変えるなり、郷に従うなり、でそんなに問題ではない。

停止した時に再生開始位置に戻ってくれない

これ、地味につらい。
特に録音するとき(下手だから)何回もやり直すので、戻ってくれるとありがたい。
manual見た感じ、プリロールやオートパンチを使えばできそうな感じだが、ちょっとめんどくさそうではあるな。
ちょっと制作ルーチンを変えないとダメかも。

インストゥルメント定義ファイルがない

これ、どうすんの?
Studio One側にMIDIのパッチ情報とかない感じがするんだけど、毎回ハード側で設定すんの?

小節の挿入方法

編集->無音を挿入

これはSONARより楽かも。

ソングとプロジェクトの違いが判らん

マニュアル読みます…

まだ製作途中なので、つづく

Windows 10に無理やりFantom-Xのドライバを入れる方法

もろもろの事情でWindows 10にしたわけで、SONAR X3は無事動いたんですが、
Fantom-Xが見つからない!!!
Rolandのページに行ってもWindows 10のドライバが見つからない!!!
driverscapeとかいう得体のしれないサイトはADであって誤クリック狙いで、ドライバじゃないものをDLさせようとする!!!
など、要はWindows10用のFantom-Xのドライバはないわけですな。

ちなみに以下の説明は、Windows10 64bit professional Editionです。
32bitだと、たぶん持ってくるものが違います。
あと、無理やりなので、どんな副作用が出るかは知りません。

概要

  1. RolandからWindows7 64bitのドライバをDLする。
  2. .INFをいじる
  3. Windows10をテストモードに移行させて、ドライバ署名の強制を無効にする(署名のないドライバをインストールできるようにする)
  4. バイスマネージャーからインストールする

詳細

1. RolandからWindows7 64bitのドライバをDLする

Roland - Support - Fantom-X6 - アップデーター&ドライバー
真ん中よりやや上らへんですな。わかりにくい。

2. .INFをいじる(RDIF1045.INF)

f:id:kasero:20170429200149p:plain

テキストエディタなどで開いて、左側を右側のように変更します。
再度見直したら何やってるかわかりにくかったので、解説。
極端な話、4.6.2を4.6.7に書き換えて、4.6.1に書かれている内容をコピペすればOK

3. Windows10をテストモードに移行させて、ドライバ署名の強制を無効にする

一番の鬼門です。

Windows10で署名なしドライバをインストールする方法
を参考に。
再起動を挟むので、スマホか何かで開いておいたほうがいいです。

Fall Creators UpdateでSmartScreenを無効にする方法が変わりました
Windows10 Creators UpdateでSmartScreenを無効にする方法 - ぼくんちのTV 別館

4. デバイスマネージャーからインストールする

スタートメニューを右クリックしてデバイスマネージャーを開く。
Fantom-Xっぽいやつを探し出して、ドライバの更新からさっきいじった.INFを指定する。

Blenderの超基本的な使い方

ショートカットーキーを知らないと、何もできないのでまとめる。

絶対覚えておくこと

aでオブジェクトの選択・解除切り替え。
作業が終わった後は、解除しておかないと予期せぬ動きになってめちゃくちゃになる。

h1. やりたいこととショートカット

やりたいこと ショートカットキー
メニューの表示 Shift + a
テクスチャの切り替え z
ソリッドの切り替え alt + z (Geforceと被ってるよ...)
オブジェクトの拡大縮小 sをおしてマウス上下

覚えておくといいテク

ビューの親子関係はCtrl+左クリックでまとめて選択できる。
これで、まとめてボーンの移動が出来る。

VPS Avengerの認証とかいろいろめんどくさかった

今話題のシンセ、VPS Avenger
こないだセールやったので、買って今日インストールした。
それで、詰まったところのまとめ

認証

本体はキーを入手しないと使えない。
これは実際に起動すると、キー寄越せって言ってくるから分かると思うけど。

このキーを入手するためのサイトがstoreと全然関係ないっていうのがポイント。
それ知らなくて
「あれ?俺アカウント作ってなかったっけ?」と戸惑った。
結論だけ言うと、このサイトで製品を登録した記憶がない人は、登録しないと駄目。

場合によっては迷惑メールフィルターに引っかかるのも味噌。

エキパン追加

エキパンのファイルを解凍すると、HOW TO IMPORT.txtに
このファイルをVPS Avngerのeditorにドロップしてね
って書かれてるんだけど、DAWによってはdropできない。
しかも、単体起動もできないから「どうすりゃいいんじゃ...」ってなった。

ドラッグアンドドロップ以外でエキパン追加する方法

VPS Avengerを開いて真ん中下らへんのSYSタブをクリック
CONTENTをクリック
IMPORT CONTENTボタンをクリック

なくしたと思っていたilok2が刺さったままでぶっ壊れてた件(続き)

なくしたと思っていたilok2が刺さったままでぶっ壊れてた件 - ねむたい人のブログの続き

といっても、基本的に前回のブログの参考URLに書いてあることやっただけだけど。
注意点としては、iLok Supportから「ここに送ってねー」ってメールが来たら、速攻でEMSの手続きをしておくこと。
EMSラベル印字ネット受付サービスに5営業日くらいかかる。

あと、インボイスは2枚必要かも。
発送に必要な書類 - 日本郵便

RMA Order Completeメールが来たらiLok License ManagerでLicenseを新しいiLokにドラッグアンドドロップすればおしまい。
iLok3が出たから、それが来ることをちょっと期待したけど、普通にiLok2が来た。

小話

本筋とあんまり関係ないんだけど、ゆうゆう窓口が態度悪すぎた。
私「EMS送りたいんですけど、封...」
ゆ「郵便はあちらです」
話最後まで聞けよ!

私「封筒とインボイスの袋欲しいんですけど」
ゆ「インボイスの袋?そんなのありませんけど」
お前のとこにないだけだろ!
EMS無料包装材 - 日本郵便

結局インボイスの袋もらえなかったんだけど、一回家に帰るのもめんどくさいので、
郵便(EMS)受付のところで「袋ないんですけど、大丈夫ですか?」って聞いたら普通にOKしてくれた。
郵便局株式会社と郵便事業株式会社で全然違うんだなー、と思った一日でした。