ねむたい人のブログ

たぶんDTMや音楽系多めで行きたい

増税前のmy new gear祭り

GUILD D-150CE NAT

f:id:kasero:20191012200146j:plain:w250

でかい!重い!でかい!(音量的に)
ドレッドノートは厳しいね!
ストリートライブとかには向いてそう(しないけど)
低音もガンガンでてて、見た目通りの音。

serial noのルールが謎だったので、結局何年製のかはわからん。
ピックガードがべっ甲じゃないから古そうではある。 2014年モデルか?

D-150 CE – Guild Guitars

ネックは握りやすく普通。(見た目の割に細いといえるかも)

中国製だった。

何気に初エレアコ
ハイフレ押さえられるアコギが欲しかったのと、なんかめっちゃ安くなってたから買った。
GUILDのギターを弾いてみたかったというのもある。(昔サムエルが使っていたのをどっかで見たような)

日本語検索だと恐ろしいレベルで引っかからないので、国内で使っている人100人にも満たないのでは...(だからこそ安く買えたのかもしれんが)

めちゃくちゃキャラが濃いので、刺さる人には刺さると思う。
別にこの型番じゃなくてもいいから、GUILDのアコギ一回弾いてみることをおススメする。

そこそこ弾いた感じ、じゃかじゃかするタイプの弾き語りがマジで気持ちいい。とにかく固い音が出る。
今回買った中で一番の当たり。

DELL U3219Q

f:id:kasero:20191012200924j:plain:w500

でかい!重い!

U2713HMからの買い替え。(amazonでレビュー書いてる人じゃないよ)
それなりに離れないと視野に入るギリギリなので、あんまゲームに向いてないかもしれない。
ブラウジングとか全画面でやると首痛くなると思う。

で、これHDRに対応しているんだけど、設定が「いや、そんなんわからんでしょ」って感じでデフォルトだとSDRになってしまう。
もう対応してないんじゃないか、って思うほど苦労した。

DELL U3219QでHDRを有効にする方法

display本体の設定の「ディスプレイ」からSmart HDRを適当に設定する。 自分はPS4でも使うので、ゲームHDRにした。
Windows 10の場合、この設定をした後にディスプレイの設定に行くと、"HDRのゲームとアプリを使用する"という項目が増えているのでONにする。

文字にすると簡単だけど、こんなんたどり着けないよ。

ちなみに
ELSAのGTX1080をDPでつないでいる構成。
付属のUSB-Cはめちゃくちゃ短いので注意。

それ以外だと、PS4 ⇔ AVR-X2300W ⇔ U3219QをHDMIでつないでいる構成もある。

DPは付属のでいいんだけど、HDMIはついてきていないので、18GBps対応のものを使う必要がある。
自分は以下の2m

4k HDRの効果とは

PCで文字打ってて感じるのは黒が黒い。

11/21追記:
根本的に勘違いしていたんだが、ソフト側がHDRに対応してないと意味ない。
対応しているソフトはオプションでだいたいHDRを有効にする。という項目がある。
これを有効にしないとHDRにならない。
また、AVR-X2300Wはsoftwareをversion upしないと、緑がかった色になってしまう。

Rocket League (Steam)

わからん。
ゴールした時の演出がきれいになったような気がする。

というか、HDR対応してない。
きれいになったような気がするのは4K効果だろう。

DragonBall FighterZ (PS4)

ProじゃないのでHDRのみ。
わからん。
ガチ勢からするとIPSで格ゲーやるな、と怒られそうだが。

というか、HDR対応してない。

アンチャーテッド 古代神の秘宝 (PS4)

オンライン。 わからん。

全然違う。
色がくっきりする(フォント含む)

Assassin's Creed Odyssey (Uplay)

既存ソフトだとあまりにも効果がわからないので、わざわざHDRに対応しているソフトを新しく買った。
日の光とかがまぶしいし、たぶん効果あるんだと思う。
比較対象ないからわからんわ。

よくないところ

正直、値段の割によくないところが目立つので次回はDELL買うのやめようかな、と思う。

枠が曲がっている

完全に個別の問題だと思うが、ベゼルと枠の隙間が空いてしまっている。
なんか、DELLの伝統っぽいな。
価格.com - 『ディスプレイ外枠の浮きについて』 Dell U2713HM [27インチ] のクチコミ掲示板

f:id:kasero:20191012201021j:plain:w500
EDGEのアイコンの下らへん

物理ボタンが安っぽい

U2713HMの物理ボタンがすごく良かったから、今回もDELLにしたのだが、U3219Qの物理ボタンは糞。
しかも効きが悪い。

応答時間を高速にすると残像がきつい

これなんでだ?ふつう逆では?

Martin CTM 000-28

f:id:kasero:20191012201627j:plain:w250

1999年製。
The アコギ、って感じの整った響く音が出る。
ぶっちゃけ値段分の価値があるかといわれると微妙。
ほぼブランド代だと思った方が納得がいく。
ネックはちょい太く感じる。もうちょい細い方が好き。
(数値的にはGUILDと変わらないはずなんだが... 重心の問題か、気持ちの問題か?)

粒立ちはいいので、アルペジオ専用機としては優秀な気もする。
いい音はいい音よ。でも高すぎるわ。

REALFORCE

f:id:kasero:20191012201804j:plain:w500

二大高いキーボード。
HHKBは操作を覚えるのが大変そうだったので、こっちにした。
テンキー付き。ALL30g 静音。
正直、プログラミングするだけならテンキーなんぞ要らんのだが、Cubaseがやたらテンキーを使わせてくるので。

これも値段分の価値があるかといわれると、なんとも...
たぶん楽器している人って指それなりに鍛えられるから、キーボードで指痛くなるってそんなない気がするんだよね。
特定のキーを無効にできるのはgoodな機能だけど、別にこの価格帯じゃなくてもあると思うし...
物理的に重いのは逆にいい。ずれないから。これは人によると思うが。

プログラミングするならこれくらいのキーボード持っててもいいんじゃない?っていう自己満足感はある。

11/21追記:
これに慣れるとほかのキーボードがつらくなるのは事実。

おまけ

ギターの写真ついでに15年以上の付き合いであるメインギターのK.YAIRI RF-90くんも撮影。
ちっちゃくて持ちやすくてMartinよりはすっきりした音がでる。天候や湿度によってだいぶ音変わる気がする。
全体的にニスが塗っていない仕上げなので、手触りがとても良い。 かっこいいね!

f:id:kasero:20191012202521j:plain:w250

izotope製品アクティベート時の注意点

現象

公式のPurchase HistoryからiLokオーサライズしようとすると
We have encountered an issue in registering your products.
と表示されてアクティベートできない。

解決方法

おとなしくiZotope Product Portalをインストールして、それ経由でやる。

IK Multimedia Total Studio 2のDL版の注意点

とにかくでかい & 量が多い

言わずもがなの話ではあるが、想像しているより多いぞ、たぶん。
専用のDLツールを作ってほしいレベル。
追記:しかもこの後zip解凍して一個一個インストーラを起動するという作業が待っている。地獄か。

サウンドライブラリーは180日たつと消える

事情があるんだろうけど、DL版とは?という感じである。
さすがにお願いすれば再DLさせてくれるとは思うが...

SONARユーザーがCubase 10をインストールした

都度都度追記していく予定。

クロスグレード安かったので。
SONARもいつ消えるかわからんし、そろそろ本格的に乗り換えておくべきかと思い。
申請方法は以下のブログがわかりやすい。
meimoukinase.blog.fc2.com

fantomのインストゥルメント定義ファイルを設定する

とりあえずこれやらないと個人的には話が進まない。

cubase用のインストゥルメント定義ファイルは以下にある。(これはfantom-x6なので、その他の人はいい感じに探して)
https://www.roland.com/us/products/fantom-x6/downloads/
のページ内をcubaseで検索すると
Fantom-X Cubase Patch Script (PC)
というのがあるので、それ(MACの人はMAC
(xmlファイルだけど違いあんのか?)

zipの中にあるpdfに沿ってやれば、普通にできるんだが日本語版cubase 10には罠がある。
Devices -> MIDI Device Manager ってどこだよ!? どうやら
スタジオ -> その他のオプション -> MIDIデバイスマネージャー
の模様。
こんなの絶対たどり着けないでしょ。
ありがとうYahoo知恵袋

あとは設定の読み込みでさっきDLして解凍したxmlファイル指定してあげれば終わり。
おま環かもしれないが、すでにFANTOM-Xが表示されている状況の場合、競合して出力にmissedなんたらみたいのが表示されて音出ないので、その場合、MIDIバイスマネージャーの出力をFANTOM-XにしてあげればOK

studio one? 知らない子ですね kasero.hatenablog.com

関連

kasero.hatenablog.com

いい感じにドラムを打ち込む

ドラムマップを選択するところに「インストゥルメントからドラムマップを作成」というのがあってコイツが有能。

レーンが重なると勝手にミュートされる

お前の制作ルーチンが間違っていると言われればそうなんだが、これすげー不便。
OFFにする方法を教えてほしい。

繰り返し貼り付け

ctrl + k

モニタリングしようとするとすでに録音してあるものが聞こえない

そういう仕様らしい。
【Cubase】宅録が超捗るモニタリングボタンの設定 - issound ページ!
これはこれでめんどくさいので、cubase側で抜本的な解決をしてもらいたいところ。

キーボードショートカット設定が反応しない

検索を全角でやると、割り当ても全角のまんまなので手動で半角に戻さないと反応しない。
いや、そこは自動で半角にしてくれよ。

プロジェクト設定を毎回出すようにする

新規プロジェクトの作成時に「プロジェクト設定 (Project Setup)」ダイアログが自動的に開くようにするには、「環境設定 (Preferences)」ダイアログの「全般 (General)」ページで「新しいプロジェクトの作成時にプロジェクト設定ダイアログを開く (Run Setup on Create New Project)」オプションをオンにします。

これをやっておかないと、「44.1kHzで録音していた...!」というやらかしをやりがち。

高DPIを有効化

上と同じく環境設定の全般にある。
4Kディスプレイとか使ってる場合、これにチェックを入れないと文字がにじむ。

Windows10 FCU (Fall Creators Update)がお前のDTM環境をぶち壊す

いろいろ忙しくて最近DTMやってなかったんですが、いい加減Studio One3インストールしようと思い立ちました。
で、入れたんですがBFD3が動かない。
ほかの環境だと動くのにStudio One3だと延々とauthorizeしろ、って出てくる。
してあるんですけど...

まぁあまりにも久しぶりなので、ソフトが古いのだろうと思いBFD3をアップデート。
そしたら、stand-aloneでも同じ現象が発生。 まじかい。

色々調べた結果、Windows10 FCUのバグっぽいです。
attention - win 10 fall update breaks licences - www.steinberg.net
ライセンスをすべてぶち壊すとか強すぎでは。

Fxpansion系の解決方法

  1. License ManagerからDe-authorizeする。
  2. License Managerを再起動して、authorizeする。

以上。

注意点

License Managerはソフトのインストーラにくっついてくるっぽいので、BFD2とかをアップグレードするとLicense Managerのバージョンが下がる。
低いバージョンだとDe-authorizeできないので、authorize回数がカウントされてしまう(De-authorizeで回数返還できてるのか知らんが)

SONARユーザーがStudio Oneを使ってちょっと困った点

Studio One 2 が出た時に買って、ちょっと触って「SONARのほうがいいな」ってなったものの、昨今の事情でもう一回入れなおした。
それで、触っててちょっと困った点。
Studio One 2だから3では大丈夫なところあるかも?

ショートカットキーを間違える

完全に慣れの問題だけど、録音するときにどうしてもrを押してしまう。
この辺は設定で変えられるので、変えるなり、郷に従うなり、でそんなに問題ではない。

停止した時に再生開始位置に戻ってくれない

これ、地味につらい。
特に録音するとき(下手だから)何回もやり直すので、戻ってくれるとありがたい。
manual見た感じ、プリロールやオートパンチを使えばできそうな感じだが、ちょっとめんどくさそうではあるな。
ちょっと制作ルーチンを変えないとダメかも。

インストゥルメント定義ファイルがない

これ、どうすんの?
Studio One側にMIDIのパッチ情報とかない感じがするんだけど、毎回ハード側で設定すんの?

小節の挿入方法

編集->無音を挿入

これはSONARより楽かも。

ソングとプロジェクトの違いが判らん

マニュアル読みます…

まだ製作途中なので、つづく

Windows 10に無理やりFantom-Xのドライバを入れる方法

もろもろの事情でWindows 10にしたわけで、SONAR X3は無事動いたんですが、
Fantom-Xが見つからない!!!
Rolandのページに行ってもWindows 10のドライバが見つからない!!!
driverscapeとかいう得体のしれないサイトはADであって誤クリック狙いで、ドライバじゃないものをDLさせようとする!!!
など、要はWindows10用のFantom-Xのドライバはないわけですな。

ちなみに以下の説明は、Windows10 64bit professional Editionです。
32bitだと、たぶん持ってくるものが違います。
あと、無理やりなので、どんな副作用が出るかは知りません。

概要

  1. RolandからWindows7 64bitのドライバをDLする。
  2. .INFをいじる
  3. Windows10をテストモードに移行させて、ドライバ署名の強制を無効にする(署名のないドライバをインストールできるようにする)
  4. バイスマネージャーからインストールする

詳細

1. RolandからWindows7 64bitのドライバをDLする

Roland - Support - Fantom-X6 - アップデーター&ドライバー
真ん中よりやや上らへんですな。わかりにくい。

2. .INFをいじる(RDIF1045.INF)

f:id:kasero:20170429200149p:plain

テキストエディタなどで開いて、左側を右側のように変更します。
再度見直したら何やってるかわかりにくかったので、解説。
極端な話、4.6.2を4.6.7に書き換えて、4.6.1に書かれている内容をコピペすればOK

3. Windows10をテストモードに移行させて、ドライバ署名の強制を無効にする

一番の鬼門です。

Windows10で署名なしドライバをインストールする方法
を参考に。
再起動を挟むので、スマホか何かで開いておいたほうがいいです。

Fall Creators UpdateでSmartScreenを無効にする方法が変わりました
Windows10 Creators UpdateでSmartScreenを無効にする方法 - ぼくんちのTV 別館

4. デバイスマネージャーからインストールする

スタートメニューを右クリックしてデバイスマネージャーを開く。
Fantom-Xっぽいやつを探し出して、ドライバの更新からさっきいじった.INFを指定する。